Home / 放射能 / 福岡のお魚は大丈夫?
osakana

福岡のお魚は大丈夫?

昨年の10月に鮮魚市場を訪問したところ、福岡の鮮魚市場には九州産以外のものはほとんど入っていないようです。風評被害を恐れて故意に入れないようにしているとのことでした。

お魚屋さんに聞いてみて福岡の鮮魚市場で仕入れた魚であれば大丈夫だといえそうです。(九州産だけでまかなえるのかという問いに対しては、九州に魚はたくさんいるので大丈夫と一笑されました)

魚を購入するときの注意点は、お店でしっかり購入ルートを聞くことと、放射能汚染の高い魚に気をつけること。例えば関東地方~東北地方の川魚ワカサギ、ヒメマス、ウナギなどや、東北の海底に住むアイナメ、ヒラメなど。それに食物連鎖の上位のもののブリ、スズキ、タラなどです。水産庁のホームページhttp://www.jfa.maff.go.jp/に検査結果が公表されているので参考にしてください。

九州産の魚については、長崎大学の水産学部の人の話によると、近海物については、放射能は検出限界以下だが、カツオのような回遊魚の値が徐々に上がっているとのこと。カツオもマグロも食物連鎖の上位にあり回遊しており、放射能汚染の進みやすい魚なので注意が必要です。

 

たんぽぽ通信NO.244より

About earth

earth
環境啓発団体 地球のめぐみは、福岡県NPO・ボランティアセンターや福岡市NPO・ボランティア交流センター、福岡市人権啓発センター、新宮町公益認定団体に登録し、活動している任意団体です。地球にやさしい、人にやさしい、そして財布にもやさしい暮らしを皆様にお伝えし、今日からできることをしていきましょうと、エコロジーな暮らしをひろめる活動(セミナー開催、会報発行など)をしています。応援よろしくお願いします。

Check Also

tokai

関東の放射能汚染 神原 将

2014 年春。広島県にて、と …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です