Home / / ごはんでエコ お肉について考えてみよう!
cow

ごはんでエコ お肉について考えてみよう!

~地球の食料を食い尽くす肉食~

お肉を生産するには、まず水を与えて穀物を作り、その穀物を動物に与え肉を得ます。

しかし人が直接穀物を食べるより、肉の生産には大量の水と穀物を消費しています。

どれだけの水と穀物が必要かご存知ですか?

niku

地球上で食べ物がなく飢餓に苦しむ人々は10億人と言われる一方、飽食による肥満人口は11億人もいます。日本人も20%以上が太りすぎていて、飽食が広がり続けています。

食用としている動物たちにも人間と同じように深い親子の愛情があり、仲間を大切にし、ふれあい、じゃれあい、太陽の下でのんびりとすごす自由を必要としています。しかし、年間約560億の動物たちが自由な生活を奪われ苦しんでいます。人工授精で生まれ、くちばしや尻尾や角や睾丸を無麻酔で切り取られ、一生を狭い檻で過ごし、安楽死ではなく失血死で最後を迎えます。

あなたの食事のときの選択ひとつで、飢餓に苦しむ人々と、絶望的な生活をしている動物たちを救うことができます。

(アニマルライツのリーフレット「ごはんでエコ お肉を減らす4つの理由」より)

NPO法人アニマルライツセンター   http://www.arcj.info/

About earth

earth
環境啓発団体 地球のめぐみは、福岡県NPO・ボランティアセンターや福岡市NPO・ボランティア交流センター、福岡市人権啓発センター、新宮町公益認定団体に登録し、活動している任意団体です。地球にやさしい、人にやさしい、そして財布にもやさしい暮らしを皆様にお伝えし、今日からできることをしていきましょうと、エコロジーな暮らしをひろめる活動(セミナー開催、会報発行など)をしています。応援よろしくお願いします。

Check Also

kafunsyou

「花粉症に薬」間違っていませんか?

~ アレルギーを治すわけではな …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です