Home / 電磁波 / 「非電化」という考え方
reizouko

「非電化」という考え方

みなさんは、「非電化」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

2011年3月11日の東日本大震災と、その後に起こった福島第一原発の水素爆発事故と全国各地の原発の発電停止により、電力不足の名の下に計画停電と節電要請が発せられたことは皆さんの記憶にも新しいのではないでしょうか?

幸いにも九州は停電という事態こそ免れましたが、全国でも原子力発電の割合が高い九州電力では発電コストの上昇を理由にこの春から電気料金の値上げを発表しています。

わたしたちが消費する電気の量は、40年前に比べ3倍近くになっています。これは、わたしたちの暮らしが便利さを追い求めてきた結果、電気という非常に使いやすいエネルギーを使用する家庭電化製品が急速に増加したためです。

40年前というと、キッチンで使う電化製品というと冷蔵庫、電気炊飯器くらいのものでした。

それに比べ現代では、冷蔵庫、炊飯器に加え、電子レンジ、オーブントースター、ミキサー、コーヒーメーカー、ホットプレート、電動泡立て器、IH電磁調理器、食器洗浄器など、電気を使わない調理は考えられないくらいで、これでは電力消費量が3倍にもなるのはうなずけます。

こんな便利な暮らしを享受している今のわたしたちですが、電気が足りないからといってこの便利さは簡単には捨てられないですね。

 

fujimura
そこで、この便利な機能を電気を使わないで行ってしまおうと、数々の非電化家庭電化製品を発明している人物がいます。その人こそ、環境発明家で工学博士、非電化工房主宰の藤村靖之さんです。(右写真)

彼はこう語ります。『「電気を使わない」暮らしというと、40年以上前の家事労働が大変な時代に戻ると思われがちだが、そうではなく電気を使わないでもほどほど便利、ほどほど快適な暮らしが可能だ。』と。そして、その言葉どおり、彼はこの10年あまりの間に、「非電化冷蔵庫」「非電化除湿機」「非電化掃除機」など、数々の非電化家庭電化製品を世に送り出しています。

そして、彼の提唱する「非電化」即ち「電気を使わない」という選択が、じわじわと全国に拡がっているのです。

 

次に、藤村さんの発明した非電化家電品や非電化プロジェクトのいくつかをご紹介しましょう。

■非電化冷蔵庫

reizouko
みなさんは、「電気を使わないで冷蔵庫なんてできるの?」とお思いでしょう。

この非電化冷蔵庫は、夜間の放射冷却を利用したもので、設置場所を選びます(家の外で昼間直射日光が当たらない、空が開けている場所)が、電気を使わないでも6~7℃まで冷やすことが可能だそうです。

 

ただ、残念ながら、現在はまだ市販されていません。

■非電化除湿機

jositu
この除湿機は、「水取りぞうさん」などの使い捨て除湿剤と同じく、塩化カルシウムを使用した除湿機ですが、使い捨て除湿剤に比べその除湿スピードは数十倍速く、乾燥状態から2日間で1~1.5リットルの湿気を吸収します。

そしてその時、色がブルーからピンクに変化するため、そのときの色で除湿能力の有無の目安となります。色がすっかりピンクになり、除湿能力がなくなってしまうと、天気のいい日に外で乾燥させると色が元のブルーに戻り、リセット完了です。

こうして、繰り返し何度も使えるわけです。

 

この除湿機は、非電化工房のサイトから、通販で購入できます。

■非電化野菜貯蔵小屋

yasaigoya
これは福岡市の某修道院の依頼で、ボランティアで建設した修道院の農園で採れた野菜を貯蔵するための小屋です。

この修道院では、シスターたちが修道院内の広い農園で野菜を有機の露地栽培をしています。このため、野菜たちが一時に大量に収穫されるため、それを貯蔵保管する大きな冷蔵庫が使われていましたが、原発の電気は使いたくないとの思いから藤村さんに相談があり、このプロジェクトがスタートしました。

この小屋は非電化冷蔵庫のノウハウを小屋に応用したもので、内部の室温を、真夏でも25℃以下に保つことを目標に建設されました。

わたしも、藤村さんの発明起業塾の卒業生(福岡3期生)だったことと、一級建築士であるためにこのプロジェクトの責任者として関わり、この非電化野菜貯蔵小屋の設計及び建設作業を行いました。

文責:植本阿良樹(有機建築研究所 代表)

 

□非電化工房

住所:栃木県那須郡那須町寺子丙2783-22

HP:http://www.hidenka.net/

連絡先:メール info@hidenka.net

FAX 0287-77-3198

見学会案内;http://www.hidenka.net/seminar/kenngakukai.html

 

□有機建築研究所

住所:福岡県福津市渡680-1

HP:http://www.ecologic-c.com/

電話:0940-38-6877

メール :ue@ecologic-c.com

About earth

earth
環境啓発団体 地球のめぐみは、福岡県NPO・ボランティアセンターや福岡市NPO・ボランティア交流センター、福岡市人権啓発センター、新宮町公益認定団体に登録し、活動している任意団体です。地球にやさしい、人にやさしい、そして財布にもやさしい暮らしを皆様にお伝えし、今日からできることをしていきましょうと、エコロジーな暮らしをひろめる活動(セミナー開催、会報発行など)をしています。応援よろしくお願いします。

Check Also

ff722ecbb4c218d267100bda4cffe705_s

IH調理器の電磁波が危ない?

今、オール電化が安全、火がない …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です