Home / 温暖化 / 実は今、地球は寒冷化していた!!
ondanka2

実は今、地球は寒冷化していた!!

~温暖化はCO2のせいではなかった?!~

地球の温暖化は人為的な二酸化炭素排出が原因とされ、ノーベル平和賞を受賞したIPCC(気候変動に関する政府間パネル)が主導して、世界中でCO2 の排出規制が叫ばれてきました。しかし、その論拠となった基礎データが捏造されていたことが2009 年に露見し、欧米ではクライメートゲート事件として大問題になっていますが、なぜか日本ではほとんど報道されていないのをご存知ですか?
<資料1>最近20年間の地球全体の平均気温の変化

kanreika

地球の気温は急上昇すると騒いできたが、CO2 は激増しながら気温が上がらず、みな説明に困っている。(2009 年気象庁公表値より)
<資料2>貝塚が実証した関東地方の縄文海進

石炭も石油も使わなかった縄文時代は、現在よりはるかに温暖な気候だったため、ここまで海が入り込んでいた。 薄い灰色部分までが縄文時代の海。河川の流域と貝塚(●)を地図上に描いてみると、昔の海岸線が明らかになった。

図は、江坂輝弥原図などより。

(広瀬 隆(著)「二酸化炭素温暖化説の崩壊」より)

異常な寒さをまったくニュースにしない「異常なメディア」

●2001 年1 月・・・シベリアに過去100 年間で初めてという連続的寒波が襲いかかり、1 月7 日にはクラスノヤルスク地方で、氷点下60℃という極低温を記録した。そのため、5 月には、北極海の結氷のためレナ川の下流に水が流れず、シベリアで大洪水が発生し、1000 軒以上の家が流された。
●2000 年末~2001 年初めにかけて・・・モンゴルを襲った雪害(ゾド)によって死亡した家畜は、家畜総数の約9%に相当する276 万頭に達し、基幹産業である牧畜業が壊滅的な打撃を受けた。地球が温暖化したのでモンゴルが大冷害となったのだろうか。
●2001 年3 月・・・異常な寒気のため、北海道ではオホーツク海の流氷が1978 年2 月以来の結氷を記録した。
●2002 年8 月・・・ヨーロッパ中部で水害が発生し、死者80 人以上を出した。チェコではヴルタヴァ川が大洪水のため、カレル橋が通行禁止となり、5 万人が避難した。「温暖化の被害だ」と騒ぐ人間が続出したが、よく聞くと、これほどの洪水は、112 年ぶりだという。つまり、大昔にもこのようなことがあったのだ。
●2002 年11 月・・・北陸では新潟、金沢市をはじめ、富山、福井市も観測史上で最も早く初雪が観測され、70 年ぶりの記録更新となった。青森市では12 月11 日に大雪が降り、観測を始めた1953 年以来、観測史上最高の1 日降雪量67 センチを記録した。
●2003 年1 月・・・モスクワは20 年ぶりの厳寒に襲われた。
●2003 年1 月・・・インドの北部~東部やバングラディシュ、ネパールが前年末から厳しい寒波に襲われ、1 ヶ月のあいだに、バングラディシュで500 人以上、インドで400 人以上の凍死者が出た。
●2003 年1 月29 日深夜から30 日未明にかけて・・・冷え込みが続き、東広島市では30 日午前1 時に観測史上最低の氷点下11.8℃を記録した。
●2003 年2 月15 日~16 日にかけて・・・アメリカ東海岸に大雪が降り続き、ワシントン市周辺では30 センチを超える記録的豪雪となった。3 月には五大湖のスペリオル湖が1979 年以来の寒さで記録的な凍結となった。
●2005 年12 月~2006 年2 月・・・「平成18 年豪雪」が日本を襲った。2005 年12 月から全国的に極端な低温に襲われ、東日本・西日本で1946 年以降で最低気温の記録を更新し、全国の降雪観測地点339ヶ所のうち23 地点で観測開始以来の最深積雪記録を更新した。
●2007 年2 月14 日・・・ネパールの首都カトマンズで、1944 年1 月に記録されて以来、63 年ぶりに雪が降り、カトマンズ盆地を囲む山々が白く雪化粧した。ネパールはヒマラヤ山脈の一角にあるが、冬も比較的暖かく、首都の降雪はまずない地方である。
●2008 年1 月11 日早朝・・・イラクの首都バグダッドで100 年ぶりの雪が降った。雪は夜明け前から降り出し、数時間続いた。イラクでは山岳地帯を抱える北部のクルド人自治区以外で、雪が降ることはない。
●2008 年1 月10 日から・・・中国中部を中心に大雪の被害が続き、27 日までに死者18 人、被災者5835万人、直接の経済損失は153 億元になった。中国では過去30 年で最大の雪害となった。
●2008 年9 月・・・アフリカのケニア中部全域で降るはずのない雹(ひょう)が降った。
●2008 年12 月17 日~18 日・・・アメリカのネバダ州の砂漠地帯にあるラスヴェガスで、1937 年以来最高の9 センチを超える積雪を記録した。
以上は、いずれも2001 年~2008 年の出来事である。これらを記憶している人はいますか?つまりこれが、<資料1>グラフの過去10 年ほどの寒冷化を示す実情なのである。異常な寒さをまったくニュースにしない「異常なメディア」の日本では、ほどんどの人が、これを記憶していないのも道理である。一方で、旱魃や山火事、高温については、くり返し報道し、原因不明の現象はすべてCO2 が原因とする。

(広瀬 隆(著)「二酸化炭素温暖化説の崩壊」より)
【環境問題を考えるホームページ】
『CO2 地球温暖化脅威説を考える』をぜひご覧ください。
http://www.env01.net/global_warming/index.htm

About earth

earth
環境啓発団体 地球のめぐみは、福岡県NPO・ボランティアセンターや福岡市NPO・ボランティア交流センター、福岡市人権啓発センター、新宮町公益認定団体に登録し、活動している任意団体です。地球にやさしい、人にやさしい、そして財布にもやさしい暮らしを皆様にお伝えし、今日からできることをしていきましょうと、エコロジーな暮らしをひろめる活動(セミナー開催、会報発行など)をしています。応援よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です