Home / 放射能 / あなたが語ってくれたこと『移住者の声』より
hikkosi2

あなたが語ってくれたこと『移住者の声』より

3.11東日本大震災と福島原発事故によって、暮らしを追われた人々の声を詩にしました。
「捨てた」という言葉に込められた情景を、わが身に置き換えて思い浮かべて欲しいです。
いろいろな集まりで朗読したり、会報誌に紹介して下さると嬉しいです ―神原将(かみはら しょう)

年収を1000万円捨てた。

2ヶ月だけ住んだ新築の一戸建てを捨てた。

雑誌に毎月載るような人気のパン屋を3店舗捨てた。

7年かけて開拓して夫婦の夢だったチーズを作る牧場を捨てた。

豊かな山と川が近くにあって地域の年配者らと交わりながら幼児を育てる、こだわりの保育所を開園2週間前に捨てた。

夫婦二人三脚でやってきた二代田を継いだ美容室を捨てた。

いくつもの難儀な仕事を一緒に乗り越えてきたスタッフたちを捨てた。

全国大会で優勝したソフトボールのチームメイトを捨てた。

最後まで避難に反対した病気ひとつせず家族のために働いてきた夫を捨てた。

放射能が怖いなら子ども生まなければいいじゃんと言った妻を捨てた。

お前だけは健康でいて欲しいと言って送り出してくれた大好きな両親を捨てた。

家族同然で、暮らしてきたペットを捨てた。

僕らは「放射能不安症」と呼ばれて、マスクをしていると気にしすぎだよと苦笑いされる。産地を確かめ、安心できる料理を用意しようとすると、「風評被害で困るんだよ」と罵られる。

僕らは傷つきながら、子どもの手を引いて避難をした。

僕らは泣きながら一人で暮らす新しい家の玄関に、ただいまと声をかける。

大丈夫だよと、毎晩寝る前に自分に言い聞かせる。

友だち以上に思えたあの人や、あの人や、あの人の態度が、よそよそしくなったことに気がついて、原発のばかやろう!と叫びたくなる。

おかしな国だよと、毎日ため息をつくのが癖になった。

両手に抱えられるだけの幸せがあればいいやと自分を励ます。

ありがとうと、素直に感謝を口に出せるようになった。

311 母子避難、家族移住者たち。

たしかに今、 ここに僕らは生きている。

例えテレビが話題にしなくても、僕らはここで声をあげ続ける。

お気に入りの家や、大好きな家族や、大切な仲間たちに届いて欲しいと声をあげる。

みんなでこの国の上で生きたい。

あなたと生きたい。

 

hikkosi
神原将さんの著書『原発引っ越し』の入手は、
原発引っ越し 神原将の書籍通販
http://shou-kamihara.simdif.comをご覧ください。

About earth

earth
環境啓発団体 地球のめぐみは、福岡県NPO・ボランティアセンターや福岡市NPO・ボランティア交流センター、福岡市人権啓発センター、新宮町公益認定団体に登録し、活動している任意団体です。地球にやさしい、人にやさしい、そして財布にもやさしい暮らしを皆様にお伝えし、今日からできることをしていきましょうと、エコロジーな暮らしをひろめる活動(セミナー開催、会報発行など)をしています。応援よろしくお願いします。

Check Also

ami2

もどってきたアミ エンリケ・バリオス著

惑星全体がひとつの国で、みな兄 …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です