Home / エコハウス / 『有機建築(オーガニックハウス)』のススメ
organic

『有機建築(オーガニックハウス)』のススメ

みなさん、 『有機建築』  という言葉を聞かれたこがあります?聞かれたことない?そりゃそうですよね。
だって、これはわたしが7年ほど前に、ある人との出会いから創った造語だからです。
その「ある人」とは、福岡県の有機農業を長らく引っ張ってこられた、宇根豊さん(農と自然の研究所所長)です。宇根さんとは福岡県有機農業研究でお会いし、その懇親会でお話しているときにこうおっしゃったの です。 「植本くん、『有機』の本当の意味はね、『あらゆる生き物がお互いにつなり合って、助け合って存在して いる様』のことをいうんだよ。」その当時、わたしのところには友人から、「500万円で家が建てられないか?という相談が来ており、 それを実現するために彼に出した条件のひとつが、「仲間を集めて、仲間のの力を借りて建てる」だったので、宇根さんに「『仲間を集めて、仲間の力を借りる』というのは、これって「有機」じゃないですかね?と聞くと、 宇根さんも、 「それは『有機』だね!」と言わたので、 さらに「じゃあ、 『有機建築』 と言う言葉もありですかね?」と聞くと「それ は、『あり』だね!」と言われました。
かくして、 『有機建築』 と言う言葉が生まれした。

では、 『有機建築』 の定義とはなんでしょうか?

これは、わたしが創った造語ですから、定義もわたしが勝手につけていいのです。
で、今わたしが 『有機建築』 の定義としているは、次3つです。

① 化石燃料由来の、有害な化学物質を発生させる建材を可能な限り使用しない、安全な建築

② 人とつながって助け合うこで、コストをかけずに建てる居心地の良い建築

③ 土からと れた素材(木・土・紙など)を使って建て、なるべく長く(住宅だと100年以上)を使い、その建物の役割が終わったらまた土に還ることのできる建築

ie2
では、なぜこの工業化進んだ時代に、時代遅れとも思える『有機建築』ををわたしは勧めるのでょうか?
まずは、木や土、紙といったオーガニックな素材は、住まいの役割としてとして重要な「調湿性」に優れているということです。
この「調湿性」、言い換えれば「住まいの呼吸」のことです。
現在の日本の住宅のほとんどに使われている壁紙、このほとんどは塩化ビニル製で、もちろん湿気を吸ったりはいの「呼吸」はしません。

この「湿度」、高いと体感温度も上昇し、下がると体感温度は下がります。つまり、湿度の高い夏場、呼吸するオーガニックハウスではエアコンをつけなくても体感温度は下がるのです。その上に、風通しのよい構造にすれば、エアコンなしで夏を過ごすことも可能なのです。
また湿度の下がる冬場は、逆に溜め込んだ湿気を放出して室内の温度を上げてくれますから、湿度が下がると元気になるインフルエンザウィルスの繁殖も抑制してくれます。

その上に、木・土・紙といったオーガニックな素材は見た目も触り心地もやわらかいですから、その室内空間は大変心地良いものになります。(わたしクライアントからは、お客様がなかなか帰ってくれないという声を良く聞きます。)

つぎに、室内の仕上にしっくいや自然塗料などの自然系素材を用いると、その安全性が高 いために自分たちで施工することができます。
もちろん子供たちでも大丈夫です。

さらに、しっくい塗りや自然塗料での塗装工事は楽しいので、友達や知人に声をかけて、みんなで一緒に行うこともできます。すなわちこれが2番目の 『有機建築』です。
プロに依頼しないで、自分たちで施工する「セルフビルド」の工事部分は、塗料代やハケなど材料代や工具代だけで済むので、全体の建築コストを下げる効果もあります。
つまり、造ることを楽しみながら、さらに工事費も安くできる一石二鳥の効果があるのです。

ie
ところが、現在わが国で主流の「住宅展示場で見て家を買う」という家づ くりでは、この家づくりを楽しみながら、しかもコストが下がる」ということを行うことが全くできないのです。中には工場で家を作るということを堂々とCMとして流しているハウスメーカーもあるくらいです。
こういった工業製品といえる家は、「建てる」のではなく、「買う」家なのです。確かに、工事期間はすごく短いですが、家を建てることで「楽しめる」部分までハウスメーカーに丸投げするのは本当にもったいないなと思ます。
多くの人にとって、家づくりは恐らく一生に一度の経験です。であるならばよけい、家族全員で家づくりを楽しんでほしいと思います。家づくりを楽しめば楽しむほど、自分たちで手を掛ければ掛けるほど、きっと家も喜び、長持ちしてくれるとわたしは思っています。
この家づくりの楽しみ方については、次回コラムで詳しくお話したいと思っています。

文責:植本阿良樹(有機建築研究所 代表)

□有機建築研究所
住所:福岡県津市渡 680 -1
HP: http://www.ecologic -c.com/
メール :ue@ecologic -c.com

About earth

earth
環境啓発団体 地球のめぐみは、福岡県NPO・ボランティアセンターや福岡市NPO・ボランティア交流センター、福岡市人権啓発センター、新宮町公益認定団体に登録し、活動している任意団体です。地球にやさしい、人にやさしい、そして財布にもやさしい暮らしを皆様にお伝えし、今日からできることをしていきましょうと、エコロジーな暮らしをひろめる活動(セミナー開催、会報発行など)をしています。応援よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です