Home / 電磁波 / スマホと子ども ~すぐそこにあるデンジハ!~
denjiha

スマホと子ども ~すぐそこにあるデンジハ!~

「電磁波」という言葉を聞いたことがありますか?

多くの方の印象は「なんだか良く分からない」「難しそう」「取っ付きにくい」といったものではないでしょうか?あるいは「何となく気になるけど、良く分からないし、まぁ、大丈夫なんじゃないの」といったところでしょうか?

皆さんが日常的に使う、携帯電話、スマホ、タブレット、WiFi、これらからは高周波という種類の電磁波が発生しています。電波の送受信をする機器から出ているということです。携帯の基地局からも強烈な電磁波が出ています。

また、家庭で日常的に使うTV、パソコン、IHコンロ、コタツ、ホットカーペット、ドライヤー等のコンセントをつなぐ家電製品からは極低周波という種類の電磁波が発生しています。

そうなのです、私たちの暮らしは便利になった分だけ電磁波に囲まれた状態になっているのです。そして、この電磁波が溢れる環境は年々悪化していると言って良いでしょう。

日本政府が設けている電磁波の規制値は海外に比べて非常に甘いのが現状です。

「国の安全基準をクリアしているから安全です」というのが産業界の取る立場ですが、本当にそうなのでしょうか?

電磁波を浴びることは、一種の被曝です。浴びる量と時間によって、神経や免疫、ホルモン分泌などに影響が出るという研究もあります。具体的には「肌の老化」「頭痛」「めまい」「目の痛み」「肩こり」「倦怠感」などから、「睡眠障害」「精子の減少」「うつ病」「脳腫瘍」などといったものまで影響があると言われています。

特に子どもや赤ちゃんは、頭蓋や皮膚が薄いことや身体の水分量が多いことから影響が大きいとも言われています。

幼児にオモチャ代わりにケータイを持たせたり、赤ちゃんを抱っこして頭の近くでスマホを操作している母親を見るとゾッとします。小さな頃から電磁波の被曝をし続ける子どもたちの「健やかさ」が心配になります。すぐに切れる、落ち着かない、意欲が無いなど色々な問題が言われていますが、ひとつの原因に電磁波があるかも知れません。

 

もはや避けられない電磁波。それがどういう物なのか、どういった対策が出来るのかといったことを知ることから始めましょう。子どもを被曝から守ることが出来るのは大人です。

【もくじ】

・電磁波とは一体なんでしょうか?
・健康に影響があるのでしょうか?
・どこまで安全?どこから危険?
・メカニズムを知って、上手につきあいましょう
・家の中のデンジハ環境をチェックしましょう
・家の外に広がる電磁波環境にも注意しましょう
・離れる距離を知っておきましょう
・家電製品との付き合い方
・アースの取り方を知りましょう
・社会のあり方と電磁波を考えてみましょう

denjiha3

ぜひ『デンジハ? 電磁波〜身近なヒバクとその対策』という小冊子をご覧ください。絵付きで分かり易く電磁波のこと、その対策が紹介されています。        (後藤  彰)

denjiha2
知ることからはじめよう3 『デンジハ? 電磁波~身近な「ヒバク」とその対策』
「定価:514円(税込み) 送料140円」

About earth

earth
環境啓発団体 地球のめぐみは、福岡県NPO・ボランティアセンターや福岡市NPO・ボランティア交流センター、福岡市人権啓発センター、新宮町公益認定団体に登録し、活動している任意団体です。地球にやさしい、人にやさしい、そして財布にもやさしい暮らしを皆様にお伝えし、今日からできることをしていきましょうと、エコロジーな暮らしをひろめる活動(セミナー開催、会報発行など)をしています。応援よろしくお願いします。

Check Also

ff722ecbb4c218d267100bda4cffe705_s

IH調理器の電磁波が危ない?

今、オール電化が安全、火がない …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です