Home / 放射能 / シェアスペース まんぷくハウスのご紹介
house

シェアスペース まんぷくハウスのご紹介

福津市にある「保養」のため、また移住のきっかけとして利用できるのご紹介です。 東日本大震災、そして福島第一原発の事故から4年が過ぎましたが、事故の収束もままならないなか、放射能に汚染された環境で多くの人が生活しています。様々な理由で移住を選択していない人々にとって、今ますます保養の重要性が増しています。特に子供たちの健康をまもるためには急務です。
東北、関東から保養のために西日本を訪れる方のための場所が、ここ福岡にもあります。2015年の夏休みにも首都圏から8組の母子が訪れる予定です。

(リポート sun and moon のぎ まゆみ)

◆保養とは
放射能に汚染されていない土地へ一時的に避難し、そこで新鮮で安全な空気や水、食べ物をとることで、体内の放射性物質を排出させ、健康な身体を取り戻すこと。
●参考映像作品:「小さき声のカノン」監督 鎌仲ひとみ
●参考サイト:チェルノブイリへのかけはし

自然豊かな福津市の3LDK

まんぷくハウスはJR福間駅から徒歩5分のマンションにある日当たりのよい3LDKです。(今年4月にリニューアルオープンしました。)
同時に3組まで滞在が可能。一泊(1家族)1500円。冷蔵庫、洗濯機、食器類、布団、シーツ、おもちゃ、絵本、自転車(子供の乗せ付)など必要なものは揃っているため、気軽に来てすぐに生活を始めることができます。郵便局、生協、スーパー、ショッピングモールも近くにあり便利な立地です。一時託児をしてくれる保育園もあります。大人の足で20分ほどのところには、マリンスポーツのメッカでもある白砂の美しい海も。

海に山にと自然が近くにありながら、JR福間駅からは博多へ快速で約25分と福岡市の中心地までのアクセスも良好です。

ofuro

お月見ができるお風呂
house

交流の場でもあるリビングルーム
house3

個室は約6畳

さまざまなサポートのもとに

まんぷくハウスは大家さんをはじめ、様々な方々、団体の協力でなりたっています。保養プログラムなどは特別ありませんが、関東から福岡へ移住した「陽だまりたんぽぽ」のメンバーや、地元の方々がサポーターとなって、滞在中の生活を支えます。また、夏休み中の短期滞在のかたのために、オーガニックストア ナチュ村さんからは、安全でおいしい調味料、おかしなどをご提供いただいています。心身ともに保養できる環境です。

母子で、家族で、単身で、それぞれの保養生活

2013年より、のべ60名以上の方が利用されました。関東からの母子の滞在が主ですが、週末にパパも一緒に滞在、単身での滞在など、利用の仕方はいろいろです。また、1泊の滞在から、8か月の長期滞在まで利用期間もさまざま。滞在者の声をいくつかご紹介します 。

当初1か月の予定が、住み心地のよさから約半年の滞在に。海に行ったり、温泉に行ったり、周りの方のフォローにより、避難していることを忘れるくらい充実した時を過ごしました。

千葉県野田市から 母と子(4歳, 2歳) 半年間滞在
子供の体調不良のため1か月ほど保養して、2か月東京に戻るという生活を繰り返したのち福岡市へ移住。保養の間は好中球の数値がよくなるのが移住の決め手に。管理人さんやまわりの方のサポートがありがたかった。

東京都 練馬区から 母と子(1歳)
震災直後から子供への放射能の影響を考え、年に2回の長期保養に出ています。これまで沖縄や広島などにも行きました。ここでは近くの海へ行ったり、他の母子と情報交換したり身も心も休まりました。

東京都台東区から 母と子(4歳) 1週間滞在
震災後の体調不良から保養にでることに。福岡では頭痛や変な咳も出なくなり、約3週間の利用後、移住を決意。同時期の滞在母子と本音で原発問題について話したり、情報交換したりできたのもよかった。

埼玉県から・単身で 3週間滞在
震災後に出てきた息子のひどい肌荒れが保養2日目でうそのように治ったことから保養の必要性を強く感じ、知り合いのいない西日本へ何度も保養生活にでるように。ここは放射能に関してそれまでなかなか話せなかったことも当たり前のこととして共感したり、情報交換したりできる場でもあります。

東京都 武蔵野市から 母と子 (2歳, 5歳)

代表の松岡さん スタッフの馬場さんより

これまで滞在された方の体調が回復される様子をみていると、保養の必要性をとても感じます。生活道具はほぼ全てそろっています。思い立ったら、気軽に来てください!保養に、移住のきっかけに、とまり木のような感じでご利用ください。

☆お問い合わせ☆

まんぷく わんぱく プロジェクト
福岡県福津市中央5丁目20-7 204
シェアスペース まんぷくハウス

「まんぷくハウス」申し込み先
manpuku.mari@docomo.ne.jp(アットマークを半角にしてください)
(わんぱくまんぷくプロジェクト・松岡)
詳細・予約状況等はメールにてご連絡ください。

—– メールアドレス —–
manpuku.mari@docomo.ne.jp(アットマークを半角にしてください)
—– 都道府県 —–
福岡県
—– 住所 —–
福津市中央

About earth

earth
環境啓発団体 地球のめぐみは、福岡県NPO・ボランティアセンターや福岡市NPO・ボランティア交流センター、福岡市人権啓発センター、新宮町公益認定団体に登録し、活動している任意団体です。地球にやさしい、人にやさしい、そして財布にもやさしい暮らしを皆様にお伝えし、今日からできることをしていきましょうと、エコロジーな暮らしをひろめる活動(セミナー開催、会報発行など)をしています。応援よろしくお願いします。

Check Also

ginza

関東の放射能汚染は、チェルノブイリと同じ?

ただ、時間がたった過去のものは …

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です